借地権とは

「借地権」という言葉をきいたことがありますか。
自分の思い描くマイホームを建てようと考えたとき、まず最初に土地を探すことが一般的です。
希望の価格で適切な土地が見つかれば問題ありませんが、適切な土地を見つけることができなかった場合、土地を借りることになるかもしれません。
このようなときには借地権に関する知識が必要です。


借地権をめぐっては様々なトラブルが発生していますので、土地を借りる際には借地権について調べたり、契約内容をよく確認しなければいけません。
まず借地権とは、簡単に説明すると、「建物の所有を目的として、建物を建てるための土地を借りる権利」のことで、つまり建物を建てるために他の人の土地を借りることができる権利のことです。
借地権の特徴はただ単に土地を借りるのではなく、建物を建てるための土地を借りることです。


土地を借りる権利を持つ人のことを「借地権者」と呼び、土地の持ち主である地主を「借地権設定者」呼びます。
借地権は平成4年に改正されましたので、新しいものを「新法」、それ以前の契約を「旧法」と呼び、内容もそれぞれ異なる点があります。
また、新法の中にもいくつか借地権の種類があります。


改正前に契約された借地権については現在でも旧法が適応されていますので、契約の際には注意しましょう。
旧法で契約された借地権を、契約更新の際に新法に切り替えることはできません。
どうしても新法に変更したい場合には一度契約をしなおす必要があります。


[管理人推薦サイト]
借地権の相続問題に対して専門のスタッフが無料で相談に乗ってくれるサイトです・・・借地権 相続問題

Copyright © 2014 借地法の契約の注意点 All Rights Reserved.